ブログ

  • 日々の気づき

2019.08.22

愛することの大切さ

いつも言っていますが、私達の本質は愛です。
愛、光、喜び、平和、安らぎはいつも私達のうちにあります。ですからいつでもそれを思いだせば本質に還ることができます。ただまたすぐに忘れてしまうのですね・・・。だからいつも思いだす。例えば1時間に1回とか、30分に1回とか。私はこんな練習が好きで以前からよく繰り返しています。
最近初めてのお客様もよく来られるのですが、施術を始めるとどんな方に対してでも愛や一体感、喜びを感じて施術しています。とっても幸せです。場も私も相手もすべて緩んできます。
人を癒すこと=自分が癒されることだといつも認識していますが、本当にそのようになっていることを日々体験させて頂いています。
そして私達が癒されるとそれが周囲に広がって人間全体の癒しに貢献できるのです。
私たちは繋がっています。そして愛することによってそれに気づくことが出来ます。

ベンジャミン・クレームの著書のなかで、マイトレーヤーが愛することの必要性を伝えているなかによい文章がありましたので引用します。

“人は愛するために信頼しなければならない。信頼のないところに、愛はあり得ない。愛は信頼する心に自然に湧き上がる、なぜなら愛は人間の真の特推であるから。だから、信頼することを学び、いつでも輝きだせる用意のある愛を実際に顕しなさい。信頼とは、人生を、その痛みも美もすべてあわせ含めて受け入れることである。信頼とはすべてが善に向かって働いており、すべてが神の法のもとにあり、そしてその法は公平に執行されるという確かな知識である。信頼することを学び、恐怖心を追放しなさい。限界の仕組みを永久に追放し、愛の水門を大きく開きなさい。”

私たちにとって生きることとは愛することです。
どうかそれをわすれませんように・・・

  • 日々の気づき

2019.07.31

聖書の暗号

聖書の暗号
前から気になっていた「聖書の暗号」という本を図書館で借りてきてすごい勢いで読みました。
3000年以上前にヘブライ語で書かれた聖書の創世記には、暗号が埋め込まれていて、過去、未来のあらゆる事が暗号によって示されているという内容です。この話をなんとなく聞いたことがあったのを思いだし、今回読んでみたいと思った次第です。
やはり驚きの内容でした。なぜ3000年以上前の書物に今の時代に起こることが人物や場所、日時など無限の情報が入っているのでしょうか。
私は神や創造主、高次の存在や宇宙人の存在までも信じていますし、今よりも古代人の意識レべルの方がずっと高かったと思っていますが、それでも不思議に思います。アカシックレコードに書かれているならわかりますが、実際に伝わっている聖書に暗号化されているとなると不思議です。神の業は私たちには理解できませんが、現代になってから暗号が解かれるのを見越して聖書はつくられたのかもしれないですね。
聖書の内容とは別に、あらゆる意味で極まったこの時代の私達へのヒントなのかもしれません。
実際、ジャーナリストである著者が過去、暗号を知って政府や要人に働きかけたり、暗号を公開しりしたことで、大きな戦争発展すること回避されることになったのかもしれません。まだこの世界が存続していること自体がありがたいです。
今でも、聖書の暗号を調べることで、人類の進むベストな方向を模索している人たちがいるのだろうと思いを馳せます。
そういえば、日月神事も予言のようなことがかかれていましたよね。
以前の私なら文献を読み漁っていたでしょうが・・・自分のなかに応えはある、自分と向き合うことが大事であり、知識をたくさん積み上げることはエゴを満足させるだけで、真我実現の役には立たないと気づいてから、本を読むのはほどほどにしています。
私に出来ることは日々瞑想し、心を静め、周囲の幸せに貢献することです。
世界をどう見るか、物事をどう見るかはあなた次第です。そしてあなたの見方が変われば世界が変わります。
まずは自分自身が平和であることが世界の平和に貢献するということを忘れないでください。
私も内なる平和を、いつも、これからも大切にし、周囲に渡していけたらと思います。
正直に、誠実に、愛をもって。

  • 日々の気づき

2019.07.02

自由の選択

自由の選択
だいぶ軽やかな地球になってきました。
それでも、まだまだ制限の枠組みに自分を当てはめて、自分の人生を生きていませんか?
制限の意識を使うのも自由を選択するのも自由意志、つまり本人の選択です。

沙羅の樹でいろんな方に施術をさせて頂く折に、その方の悩みや苦しみを聞く機会があります。
それらはその方のものの味方、生き方のストーリーなので、私は聞きながらも同意も反論をしませんが、もっと自由になってみることをなんらかの形でお伝えします。みんな不自由を生きている、不自由を選択しているわけです。
でも心配は要りません。私達はもともとは自由な存在なので、この瞬間にも自分が決めれば自由になれます。
不自由は環境や社会や家族とは関係ありません。
自由もまた内側の状態です。

ちょうどそんなことを考えていたらチャネリング曼荼羅カードの“自由”が飛び出してきました。
いつもながらおもしろいです・・・


自由
選択するのはあなたです
そして不自由を選択するのもあなたです
自由には責任が伴います

不自由にも依存が伴います
あなたはどちらを選択しますか?

不自由に感じるのはあなたがそれを選んでいるからです。あなたが自由になるのを邪魔するものは何もありません。あなたが自由を怖がっているだけです。あなたが本気で自由を選択すれば驚くほど世界は広がるのです。

カードの絵を感じながら、
“私は自由です”と声に出して唱えてみて下さい。


カードは私にとっても意味があるはず・・私ももっと自由を選択します。
新しい地球ではみんなが自由に生きています。
  • 日々の気づき

2019.06.18

感じる心地良さ

もうすぐ夏至です。この夏至でもまた大きなエネルギーシフトがあります。
夏至までにさらに自分の出来る限り波動を高めておこうと思っていましたが、特になにもせぬままに夏至はもうそこです。
私たちはもともと波動の高い存在なので上げる必要もないのですが・・・
要は波動を落とさなければいいんです。様々な現実に巻き込まれない、ちょっと離れてみる。ジャッジしない。自分のネガティブな感情や思考も俯瞰してみる。ジャッジしない。いつも肩のの力を抜いて、決して頑張らずに・・・

何かにフォカースしがちになってしまうときには、今ここにあるものを感じましょう。
今あなたに吹いてくる風を感じる・・・
今あなたを照らしている太陽の輝きを感じる・・・
手にあたる水の感触・・・
椅子に座ったおしりの感覚・・・
何でもいいです。いまここでかんじてみましょう。
いまここでたくさんの感じを受け取れます。
そしてそのなかに求めつつけているすべてがあります。

こんなにシンプルなんですね。何かをして少しでも波動をあげようと頑張ってる自分がおかしいです。

本当にいまここにすべてがある・・・。
私はそう思います。

よかったら感じてみて下さい。
感じるままに・・・
  • 日々の気づき

2019.06.11

心から愛をもって

10年ほど前にサイババの本をたくさん読んでいた時期がありました。サイババは一日中神を億念するようにといっていました。神への愛を四六時中持ち続けることはなかなかできません。信仰も神への愛も、今目の前の人への愛も同じです。
エゴや自己保存の思い、怖れによって思うようにならないのがこの三次元ですが、逆にいうとここでだから愛のレッスンが十分できるわけですね。
最近、ガヤトリーマントラを日課として唱えています。そこでサイババのことを思いだし著書を調べてみると、ガヤトリーマントラを唱えるのに一番大切なことは愛をもってとなえること書いてありました。
私は一番大切なことを忘れていました。
マントラは聖なる音、でもその神聖さを発動させるのは「愛」ですよね。
すべては愛。
唯一の力は愛。
そうだと知っていても、忘れています。
瞑想も長年していますが、ただ習慣的に、意識や肉体の浄化のため、悟りを得るために瞑想をしていました。
一番大切なのは、愛をもって瞑想すること。
愛をもってマントラを唱えること。
愛をもってすべてをおこなうこと。
意識的に生きていないと忘れてしまします。
思いだせてよかった!
毎朝、今日一日愛とともにいられますようにとお祈りしていても、いまこの瞬間はどうでしょう。
どうかすべての瞬間に私が愛を選択できますように!

ヘナハウス沙羅の樹

〒520-2144 滋賀県大津市大萱1-20-20 アメニティ瀬田東1F

ご予約・お問い合わせ
077-544-6715 077-544-6715 10時〜17時
Copyright© 2018 ヘナハウス沙羅の樹 All Rights Reserved.