ブログ

  • 健康情報

2018.11.06

水の働き

ここ1か月間、デトックスのために1日1リットルの水を必ず飲むようにしています。寒くなってきたので、最近は温かめに白湯にしたりしています。目に見えて肌の調子も体の調子もいいように思います。水筒に入れて持ち歩き、こまめに飲んでいると、夕方までに1リットルは飲むことが出来ます。ホ・オポノポノのブルーソーラウォーターを作って飲めるとよいのですが、少し面倒になり、自分で波動を入れて水を作っています。クリスタルなどを入れてもいいですし、レイキを入れてもいいですね。水をカタカムナなどの図像や神聖幾何学の上にのせておくのもよいようです。

 

体の75%は水で出来ています。呼吸から考え事まで、身体のあらゆる状態にとって水は欠かせません。水は生命の維持に必要な栄養分を体内の隅々まで運び、溜まった毒素を排泄します。汗や吐く息、尿などによって一日約3リットルの水が体から出ると言われています。その一部は植物の水分からとれますが、それだけでは足りません。体を滞りなく機能させるために、十分な量の良質な水をとる必要があります。

 

1日に1,8リットルの水をとることが良いとされています。ストレスや心配事などがある場合は水を必要とするのでより多く飲む必要があります。

 

水の重要性を思う今日この頃です。自分自身でいろいろ実験しています。楽しいです。

よろしければ、何日か続けてしっかり水をとってみて下さい。違いが分かれ続けられますよね。

すべての存在が健康で自由で幸せでありますように。

沙羅の樹より、愛を込めて。今日もありがとうございます。
  • 健康情報

2018.11.01

温活

寒い季節になってくると、冷えが気になる方も多いと思います。私も冷え性なので、朝晩寒さを感じます。
体温が36度未満の人は『低体温』だと言われていますが、冷え性の場合は体温が何度以下と決められていません。自分自身が寒さを強く感じている場合や全身や手足が冷えている自覚症状が冷え性ということでしょう。

冷えて血行が悪くなると、全身に影響を及ばします。日々の工夫で冷えない身体になりましょう。
・体が温かくなるくらいの運動を行う。
・ぐっすり眠る。睡眠の質を上げることは免疫力・自然治癒力を高めあらゆる面で大切ですが、冷えの予防にもなります。足裏を擦ってから寝る。入浴後、リラックスモードのまま就寝する。アロマを焚くなど自分にあう工夫をしてみましょう。
・温かい食べのものや飲み物で体を内側から温める。体を温める食べ物としては、人参、かぼちゃ、ネギ、ニラ、ニンニク、山椒、カブ、味噌、唐辛子などお好みで食すといいですね。

上記に合わせて体の外から温めることもおすすめです。
・入浴。その時々で自分のリラックスできる温度でしっかりと湯船につかるようにします。
・カイロや冷え取り靴下、腹巻、湯たんぽなど、自分も使い勝手の良いものを選び、使ってみてもいいですね。温める場所は『4つの首』がおすすめです。首・手首・足首・お腹(くびれ)。この4か所は太い血管があり、温めることで、血液が温まり全身の循環がよくなります。4ヵ所全部でなくても、自分の冷えを感じるところを温めましょう。

体が温まると心も温まります。
沙羅の樹でも、ヒートマットや遠赤外線ランプ、湯たんぽなどもご用意しています。冷えなども気軽にご相談ください。
それでは、自分に快適に、自分を大切にお過ごしくださいね。

ヘナハウス沙羅の樹

〒520-2144 滋賀県大津市大萱1-20-20 アメニティ瀬田東1F

ご予約・お問い合わせ
077-544-6715 077-544-6715 10時〜17時
Copyright© 2018 ヘナハウス沙羅の樹 All Rights Reserved.